メンバー紹介

E.jpg

院長あいさつ

歯の苦労は、本人にしかわからないのもです。とくに歯を失った場合は…とはよく聞くことです。 そこで私は、1本ですが健康な自分の歯を抜いてみました。そして様々なタイプの義歯を作って入れてみました。ですから、歯を失った不便さ、治療日の憂うつ、治療中の不快感など、少しですが歯の苦労はわかります。
また、治った時の喜び、それを維持することの大切さ、材質の違いによる使い心地など実感しました。
私は、充填材料やホワイトニングやマウスピース類なども、なるべく自分が体験してから患者さんに提供するようにしています。
皆様が一生使う大切な歯を守るために、他人事でなく自分の歯のような気持ちで真摯に取り組んでいきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。
院長:仙波 修一
【院長略歴】
鹿児島大学卒業
同大学大学院(歯学博士)





■浅野歯科衛生士(受付担当)■
みなさん。こんにちは!
突然ですが、みなさんはちゃんと毎日お口のケアはできていますか?なかなかお忙しいと疎かになりがちですよね?ですが今ではお口の健康は体全身の健康にも繋がるといわれているくらい重要なものとなっています。
みなさんも自分に合う清掃用具を使って日々、お口のケアに取り組んでいきましょう!
(院長より一言)
いつも明るく元気な浅野さん。笑顔がトレードマークですね。歯みがきグッズなどの知識が豊富なだけでなく、 彼女のやさしい気配りや温かい声かけは、誰にでもできるレベルのものではないと思います。
待合室の患者さんに笑顔が多いのは浅野さんのおかげです、といつも感謝です。



F-3.jpg

■堀江歯科衛生士(診療担当)■
好きな物をおいしく食べる、噛める、体も歯も元気!を作るためには、今ある歯が健康であることが大切です。
診療アシスタントやみなさんのは歯の健康を守るためのPMTCを安心して受けて預けるよう、丁寧に!を心掛けて行っています。
(院長より一言)
いつも穏やかな堀江さん。仕事はていねいで妥協がありません。彼女のPMTC(トリートメントケア)は、 ぐっすり寝てしまう人もいるほど安心感があります。
患者さんからは絶大な信頼を寄せられていますね。 診療室の空気がやわらかいのは堀江さんのおかげです、といつも感謝です。




F-3.jpg

F-3.jpg

勉強会(お茶会?)

F-3.jpg

受付の風景